news

HiTTO

社内向けAIチャットボット「HiTTO」が、共通AIの回答データベースを拡張しITヘルプデスク領域に対応

HiTTO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十嵐 智博、木村 彰人、以下 「弊社」)は、社内向けAIチャットボット「HiTTO」に搭載しているバックオフィス領域に特化した共通AIが、新たに「ITヘルプデスク」の領域に対応したことを発表いたします。

■今回のバージョンアップのポイント
HiTTOの最大の特長は、社内DXに特化したAIチャットボットであることです。HiTTOは、日本中のバックオフィス部門のナレッジを体系化した1,000件以上の回答データベースと従業員からバックオフィスに届く一般的な質問パターンを100万件以上学習した共通AIを搭載しています。これにより、導入企業様は一般的なAIチャットボットの運用で必要となる、FAQデータの作成やシナリオ設計、回答精度を維持するためのAIのチューニングなど、個別で一から学習データを作成することなく、高精度なAIチャットボットをご利用いただくことができます。

・HiTTOと一般的なAIチャットボットの違い

これまで、共通AIの回答データベースは人事・総務・労務・経理・法務など、社内DXの推進においてチャットボットで必要になる回答を網羅していましたが、今回のバージョンアップで新たに「ITヘルプデスク」の領域にも対応いたしました。

■ITヘルプデスク領域の拡張内容
Wi-Fiや有線LAN、VPNなどのネットワーク関連から在宅勤務の導入により需要が高まっている仮想デスクトップ、さらにはファイルサーバー関連やIT機器関連など日頃、従業員の方から情報システム部門に寄せられる定型的な質問に対応できるようにナレッジを体系化。今回の拡張だけではなく、今後も人事・労務・総務関連の回答追加と同様に、ITヘルプデスクの回答も順次、拡張して参ります。

■ AIチャットボット市場シェアNo.1 HRチャットボット「HiTTO」
AIチャットボット市場シェアNo.1※1の「HiTTO」は、大手企業のバックオフィス部門を中心にご採用いただいている、社内DX特化型のAIチャットボットです。日本中のバックオフィス部門のノウハウが構造化されたAIを搭載することで、導入企業様は従来よりも圧倒的にスムーズに高精度なチャットボットを運用することができます。従業員からの定型的な質問をご担当者様の代わりにチャットボットが対応することで、人事・総務・労務・経理・情報システムなどのバックオフィス部門の業務効率化はもちろん、対応の属人化の解消や従業員が働きやすい環境を提供することで、組織全体の活性化に貢献します。

公式サイト:https://hitto.jp/

※1:出典 調査研究レポート 業務自動化ツール市場マーケティング分析2019年5月 株式会社テクノ・システム・リサーチ調べ

■ 会社概要
社名  :HiTTO株式会社
所在地 :〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
代表者 :五十嵐智博、木村彰人
事業内容:社内向けAIチャットボット 「HiTTO」の開発・提供
会社HP :https://www.hitto.co.jp/

■ 本リリースに関するお問い合わせ
HiTTO株式会社
TEL : 03-6273-7372 FAX : 03-6273-7382
E-Mail : info@hitto.co.jp URL:https://www.hitto.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F

※この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。