news

HiTTO

【業界初】HiTTOが人事/労務/総務に特化した独自AIを搭載し、HRチャットボットとしてリニューアル

HiTTO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十嵐 智博、木村 彰人、以下 「弊社」)は、2021年7月7日より、社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」に業界初の人事/労務/総務領域に特化した独自AIを搭載し、HRチャットボット「HiTTO(ヒット)」としてリニューアルしたことを発表いたします。

■ HiTTOリニューアルのポイント

業界初の人事/労務/総務領域に特化した独自AIを搭載

HiTTOは社内利用に特化しており、大手企業に勤める30万人以上の従業員様に活用されています。今回のリニューアルでは、これまでのプロジェクト支援実績やノウハウ、統計データをもとに、人事/労務/総務領域の情報を体系化した独自AIを実装しています。

■ 人事/労務/総務領域に特化した独自AIの特徴

1)923種類の人事/労務/総務領域の回答データベースを学習済み(2021年7月現在)
※回答データベースは自動で拡充され続けます

2)回答精度を自動で調整
※十数万件にもおよぶ、従業員からの人事/労務/総務に関する質問パターンを学習済み
※FAQデータやシナリオの作成は一切不要

▼ 独自AIの回答データベース画面

■ 導入企業様のメリット

1)導入開始までの工数を大幅に削減
HiTTOは独自AIの回答データベースから必要な回答を選択し、回答内容を登録するだけで利用開始が可能です。通常のAIチャットボットの導入時に必要なテンプレートをもとにした「FAQデータの作成」や「シナリオの作成」などの準備は一切不要。ご利用までの準備の手間や時間を圧倒的に削減できます。

2)導入後に必要な運用やメンテナンスにかかる工数を大幅に削減
通常のAIチャットボットは、運用している間に「回答精度が下がってくる」「シナリオの管理が煩雑になる」「メンテナンスに時間がかかりすぎる」などの問題がありました。HiTTOは回答精度の向上やシナリオ/選択肢表示などの設定が自動で行われるので、運用に必要な工数を圧倒的に削減できます。

▼ シナリオの作成などをしなくても、一問一答と選択肢表示を自動で出し分け

HiTTOに関する詳しい製品説明はこちら (https://hitto.jp/product

※ベータ版をご利用いただいたお客様の声(抜粋)
リニューアルしたHiTTOは2021年3月より、大手企業の人事部門様を中心とした51社114名の方々にベータ版をご利用いただいております。

<製造業 従業員3,800名 人事部ご担当者様>
AIチャットボットには興味があったものの、管理が大変そうな印象がありましたが、HiTTOを実際に操作してみて簡単に運用できるイメージを持てました。回答データベースが充実しているので、人事部内のナレッジシェアにも活用できると思いました。

<サービス業 従業員1,700名 人事企画部ご担当者様>
回答を登録するだけで利用できることに驚きました。特に、シナリオを作成しなくてもユーザー側に適切な選択肢が表示される点は、導入部門としてとても助かります。

<流通業 従業員2,300名 人事部ご担当者様>
ベータ版の利用中に、回答データベースへ「コロナワクチンの職域接種」に関する回答が自動で追加され、サービス強化のスピード感にびっくりしました。以前一度、チャットボット導入を検討したことがありましたが、印象が全く変わりました。

■ 代表取締役Co-CEO五十嵐/木村のコメント

この度、HiTTOのリニューアルを迎えられたことを嬉しく思います。2019年の構想から約2年、今回のリニューアルは、AIチャットボット市場の常識を覆すような、これまでにない新しい仕組み、コンセプトを取り入れることで、通常のバージョンアップとは全く違う大きな一歩となりました。

2017年のリリース以来、一貫して「社内向け=BtoE」領域に特化してサービスを提供して参りましたが、これまでの経験やノウハウの全てを詰め込み、社内向けに特化してきたHiTTOだからこそ実現できたリニューアルとなっております。生まれ変わったHiTTOが、多くの人事部門様の働き方改革やDX推進、さらには組織強化のお役に立てましたら幸いです。