news

HiTTO

日本工営株式会社が社内問い合わせの自動化にAIチャットボット「HiTTO(ヒット)」を導入

HiTTO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十嵐 智博、木村 彰人)は、国内No.1の総合建設コンサルタント会社、日本工営株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有元 龍一、以下「日本工営」)に、社内向けAIチャットボット「HiTTO(ヒット)」を導入いただきましたことを発表いたします。

【 日本工営株式会社 経営管理本部 人事部長 国峯 紀彦氏 コメント 】
「当社は単体でも2,000名以上の従業員が働いており、人事部には日々定型的な問い合わせが多数寄せられています。このため、問合せ担当者の負担軽減を図るとともに社内のナレッジの体系化を図ること、問合せ対応の迅速化による従業員の満足度向上も期待して、AIチャットボット『HiTTO(ヒット)』を導入することとしました。機能面や使いやすさはもちろん、充実した運用サポートに安心感を覚えたことが選定の決め手となりました」

日本工営株式会社様:https://www.n-koei.co.jp/

【 導入背景 】
日本工営では、デジタルイノベーションを活用し、テレワークなどの働き方改革、生産性向上を積極的に推進しています。その一方で、人事部は従業員から寄せられる定型的な問い合わせ対応に追われ、戦略的な業務に費やす時間が圧迫されており、業務効率化が課題となっていました。このような背景のもと、人事部へのAIチャットボット導入の検討がスタートされましたが、初期設定やメンテナンス、利用促進・定着のタスクが、運用担当者の負担になることが懸念されていました。そこで、AIの学習データ構築から社内の利用促進・定着までのサポートが充実しており、ITツールの運用経験が少ない従業員でも簡単にメンテナンスできる管理画面を備えている「HiTTO」が選ばれ、今般、導入に至りました。

【 導入効果 】
・全従業員にとって使いやすいAIツール導入による、業務効率化と生産性向上
・定型的な問い合わせ対応の自動化による、従業員の満足度と自己解決力の向上
・問合せ対応に要する時間の削減による、戦略的業務に取り組むための時間の創出
・問い合わせ対応の属人化の解消とAIチャットボットへのナレッジの蓄積

【 HiTTOが選ばれた理由 】
・メンテナンスや利用促進活動のサポートが充実しており、担当者の負担が少ない
・直感的に操作できるシンプルで分かり易い管理画面
・社内コミュニケーションで利用しているMicrosoft Teamsとの無償連携

■ AIチャットボット市場シェアNo.1 社内向けAIチャットボット「HiTTO」
AIチャットボット市場シェアNo.1※1の「HiTTO」は、大手企業の人事部門様を中心にご採用いただいております社内向けAIチャットボットです。人事に関する定型的な質問をご担当者様の代わりにチャットボットが対応することで、人事や情報システムなどバックオフィス部門の対応工数の削減に貢献いたします。また、「聞きづらいことでも気軽に聞ける」チャットボットの利点は、従業員エンゲージメントを向上させるだけでなく従業員様の潜在的ニーズの可視化を実現し、人事制度や中長期施策の改善に活かすことも可能です。さらに、チャットボットの活用を通じて人事部門のシゴトのナレッジを体系化できるだけでなく、従業員様が人事制度や社内のルールに触れやすい環境をつくり、人事部門と従業員間のスムーズな情報共有を実現します。

公式サイト:https://hitto.jp/

※1:出典 調査研究レポート 業務自動化ツール市場マーケティング分析2019年5月 株式会社テクノ・システム・リサーチ調べ

■ 会社概要
社名  :HiTTO株式会社
所在地 :〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
代表者 :五十嵐智博、木村彰人
事業内容:社内向けAIチャットボット 「HiTTO」の開発・提供
会社HP :https://www.hitto.co.jp/

■ 本リリースに関するお問い合わせ
HiTTO株式会社
TEL : 03-6273-7372 FAX : 03-6273-7382
E-Mail : info@hitto.co.jp URL:https://www.hitto.co.jp/
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F

※この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。